月別アーカイブ: 2013年11月

ほくろとメラノーマ、つまり皮膚がんの見分け方

 最近増加している皮膚がんですが、急にほくろが現れた時には気を付けないといけないです。

 何故かというと、ただのほくろだと思っていたら、実はほくろではなくメラノーマ、つまり皮膚がんであるという事はよくある話なのです。
 
 皮膚がんを早期発見するには、ほくろなのかメラノーマなのかしっかりと区別できるようになればいいのですが、それはちょっと難しいと思ったら、皮膚科に行って見る事も一つの方法だと思います。

 これはあるテレビ番組で放送されていたのですが、ほくろとメラノーマという皮膚がんの見分け方は、ほくろだと形が線対称になっている事であり、メラノーマだと形が線対称ではなく形が不規則になっています。
 
 あるいは急にほくろが現れたと思ったら、急に消えたり、つまり出現したり消えたりするようなほくろは、ほくろではなくメラノーマ、つまり皮膚がんとみなして即座に皮膚科に通い適切な治療を受けた方がいいですね。

 皮膚がんを早期発見する為には、お風呂に入る時に裸になるのですが、その時に急にほくろが現れたりしてないかどうか自分でチェックしたり、足の裏や手の甲にも急にほくろが現れてないかどうか、日頃からチェックするといいかと思います。

 皮膚がんというのは、臓器のがんとは違って見た目で分かるので、早期発見の為にも日頃からほくろの出現チェックを出来る限り行いたいと思いました。

オークションを利用する

2歳の娘の服がすぐにサイズアウトしてしまうので、お金をかけるのはもったいないと思っていますが、安物を買って可愛くない格好をさせるのも嫌だなと思っていました。これまでは両方の両親からもらった新品の服を着せたり、セールで購入したり、リサイクルショップに行っていましたが、リサイクルショップではなかなか娘のサイズを探すのが大変です。

そこで新しく見つけた方法がネットでのオークションです。全国から出品しているので娘のサイズの服もたくさんありますし、好みのブランドの服もたくさんあります。中古でもほとんど着なかったというような綺麗な状態の物も出品されており、それを狙うようにしています。

オークションを利用するようになってから、可愛い服が安く手に入るようになり、娘をおしゃれさせることができるようになりました。ブランド物も3分の1ぐらいの値段で購入できるので、お出かけのために数点購入して可愛く着せることができています。

ただオークションが楽しいので、ついつい良いなと思うものを狙ってしまい、買ってしまうことが難点です。
また人と競っているうちに予算よりも多めに入札してしまうこともあり、その点では注意が必要です。
でも私の生活の中の楽しみになっているので、今後も楽しんで利用していきたいです。

北海道へスキーをしに行きます

来月北海道にスキーにいく予定になっています。ここ何年かは、毎年スキーにいくようにしていて
北海道の雪質に一度ふれてしまうと、もう他にはいけないと思うくらい、雪がほんとうにいい。

関東からいける範囲で、車でいろいろといったり、電車でいったりしてみたけれど
雪が重いからか足がすぐ痛くなったりして、一日滑っているとものすごく疲れるのだけど
北海道の雪で滑っていたら、一日滑っていても全然疲れない。

これには本当にびっくりしました。雪でこんなに滑りが違うなんてあるの?という感じでした。
子供ははじめてスキーをしたのは、北海道だったので、他の場所にいくとどうしてこんなに
雪がべちゃべちゃしているの?というようになってしまったほどです。それはよかったような
悪かったような。先にいいおもいをしてしまっただけに微妙な感じですが。

最近はスキー人口も昔にくらべたら全然へってきてはいるとはいえ、ちょっと復活してきて
いるようなので、これからも子供と家族と一緒にいろいろいけたら嬉しいなと思います。

もちろん、北海道メインでいけたらうれしいんだけど。そのためには、毎年マイルを頑張って
ためて飛行機代くらいうけるといいなぁと思っています。
オールインワンゲル

超かんたん「鍋のもと」でキムチ鍋デビューをしました

私は食事に関してかなり保守的なほうです。つまり「冒険をしない」のが、私の食事に対する態度と言っていいでしょう。
外食の時でも、決まったお店で決まった料理を注文することが、ほとんどです。初めて入るお店でも、たとえばラーメン屋さんなら「しょうゆラーメン」か、せいぜい「チャーシューめん」ぐらいしか注文しません。
この季節、家で鍋にするときは、鶏の水炊き、湯豆腐、すき焼き鍋、それからおでん。この4種類のローテーションということになるのです。
そんな私が「キムチ鍋デビュー」をし、すっかり好きになってしまいました。きっかけは、友人の家でキムチ鍋をごちそうになったことです。正直言って内心「キムチ鍋か」とがっかりしたのですが、食べてみたらば、これが絶品。今まで食わず嫌いだった自分に腹が立ったほどです。
友人にレシピを聞きました。家でもぜひ作ってみたいと思ったからです。レシピは超かんたん。私は知らなかったのですが、今はキューブ状の「鍋料理のもと」を売っていて、鍋に水を張り、その「もと」を入れるだけで、おいしいキムチ鍋になるのだそうです。
キューブ状なので扱いも楽ですし、「1個で1人前」という分量のわかりやすさも、ものぐさな私にはぴったり。さっそく、家で作ってみました。冷凍ぎょうざのほかに、白菜やキノコなどを入れれば、本格的なキムチ鍋が楽しめるのです。
今年の冬はカプサイシン効果で、心身ともに温かく過ごせそうです。

ブリ大根がおいしい季節です

最近料理をきちんと作るように心がけています。
メニューもバランスよく!偏らないようにと考えるのは結構大変なものですね。
昨日は初めてのブリ大根づくりにチャレンジしました。
おでんの大根やふろふき大根が大好きな私。
冬の寒い時は大根いいですよね~
豚と煮込んだりするのもいいと思いましたが、なかなか魚を家で食べる機会がないので、ブリ大根を作ることにしました。
圧力鍋を使いたかったので、圧力鍋を使っているレシピをネットで検索。
クックパッドや楽天レシピなど、色々なメニューが探せるので重宝しています。
今回のレシピのポイントはしょうがをたくさん入れること。
しょうがって身体を温めてくれるし、味も好きなので、冷蔵庫に常備しています。
しょうがのチューブと生をおろしたのでは全然味が違いますから。
ぶりを湯通しして、大根としょうがの千切りたっぷり、それにだし汁や醤油・酒・みりん・砂糖の調味料を加えて加圧します。
コンロで火を使ったのは約25分程度で、後は圧が下がるのを待つだけの簡単調理です。
ふたを開けてみたらしっかり色もついて、中まで火も通ったブリ大根ができていました。
ちゃんと味もしみていておいしい!
ご飯のおかずにも酒の肴にもなるし、我が家の定番レシピになりそうです。

子供の学校の英語教育

わたしの子供の小学校でも、どんどん英語教育がすすんできたようなきがします。

幼稚園のころも、英語の先生がきて、いろいろと単語をいっていたりしたときがあったのですが
その時は幼稚園だったので、かなりのお遊びでした。というか、あたまに特にはいっていかな
かったような気がします。やっぱり日本語もままならない時期に英語っていうのは早期教育すぎて
難しいのかもしれないです。

今も、小学校とはいえ、まだ書いたり読んだりということはしていないようですが
新聞にもかいてあったけれど、英語教育を早めから
かなりとりいれていくようです。

でも、学校で習ってきた単語をたまに口にすることがあるのですが、発音がダメダメ。
というか、それってふざけてない?と思うこともあって、これがいいのかわるいのか
やっぱりふざけたりしない、中学生くらいからきちんとやってもらったほうがいいんじゃ
ないかと思うこともあるようになってきました。

日本人だから、まずは国語と思うけれど、耳のいい小さな時代からやるのはいいかも
しれないけど、なにか間違った教育をしていくのは違うと思うからきをつけてほしいなぁと
思います。ただ、まずは英語が嫌いにならないようになるっていうのが一番大事ですけど。

私の好きな芸能人

私の好きな芸能人はタモリさんと剛力彩芽さんです。
タモリさんはこどものころから笑っていいともなどたくさんの番組を通して観て来ていて、この人はホントに面白い人だなと思っておりました。
しかも、面白いだけじゃなく、人当たりが良く、博識で、芸も達者で、ホントにいろんな能力に長けた人ですし、もうこんなタレントさんは世に出てくることはないだろうなと思います。

そんなタモリさんと言えば、フジテレビで放送されている笑っていいともなのですが、悲しいことに、来年の3月いっぱいで終わってしまうことが、タモリさん本人から番組中にアナウンスされましたね。
私はリアルタイムでは見られなかったのですが、ネットで動画を観てすごくショックでした。
いろいろな芸能人の方がいいとも終了について言及されており、それでも詳しいことを知る人はいなくて、実際なぜこんな形で終わってしまうことが決まったのかは誰もわかりません。
きっと、この先もタモリさんの口からこのことについて語られることはないのではないでしょうか。

剛力さんの好きなところは、演技が上手なところと、あのかわいいお顔が大好きです。
一番はじめに知ったのは、ドーナツのCMだったのですが、そのときから私のハートは剛力さんに鷲づかみにされています。